キーワードは決まったけど記事が書けない時に考えるべきこと

キーワードが見つかったのに、記事が書けずに手が止まる

そして、時には記事を書くのをあきらめてしまう

トレンドアフィリエイトの記事作成で、そんな場面を経験したことはありませんか?

今回は、キーワードが決まっても記事が書けないって状況を打開するために、考えるべきことについてお伝えします。

記事が書けないって時に何を考えるか?


記事が書けなくて手が止まった。

そんな時に真っ先に考えるべきことがあります。

それは、
  • 相手は誰で
  • その相手の人の悩み、疑問は何なのか
ということです。


相手の悩みは何なのか?


順番が前後しますが、まずは「その相手の人の悩み、疑問は何なのか」という点から説明していきます。

あなたが決めたキーワードで作成した記事が、検索結果に表示されて、読者があなたのブログ記事を開いてくれた場面を想像してみて下さい。

その時、読者は何を求めてあなたのブログ記事を開いたのでしょうか?


・・
・・・

キーワードに関する悩みや疑問に関する答えやヒントを知りたいからですよね。

ですから、記事を書く上で考えるべきことは、記事にするキーワードで「読者が知りたいこと、解決したいことって何?」ということなんです。


アフィリエイトって「読者に価値を提供する対価としてその、報酬を得る」って言われます。

トレンドアフィリエイトの場合、読者に提供する価値は、情報です。

情報というのは、ブログ記事に書かれた内容そのものです。

そのブログ記事を読んで、読者が知りたい答えやヒントを得られれば、読者に価値が提供できたことになります

そして、読者は必要な情報を得られたことで満足できれば、興味が次のものに移るので、記事の中にあるアドセンス広告が目に入り、一部の読者がアドセンス広告をクリックしてくれる。

これがトレンドアフィリエイトの報酬発生の典型的な流れです。


反対に、読者があなたの記事を開いて、「このページは私(読者)の知りたい情報が書かれていないな」と思った場合は、読者はどういう行動をすると思いますか?

他のサイトで知りたい情報を得ようと考え、あなたのブログ記事は早々に閉じて、別のサイトを探しますよね。


ここまでを整理すると、あなたがブログの記事に書くべきことは、ブログに来てくれた読者の悩み、疑問に対する答え・ヒントなんですね。

ですから、ブログの記事に何を書くかで手が止まった時は、そのキーワードで検索してきた読者の悩み、疑問が何なのかを考える必要があるわけです。


ですが、読者の悩み、疑問を考える前に大事なことがありまして。。。


相手は誰か?


ここまで、記事を書く手が止まってしまった時に考えるべきことは、「ブログ記事読者の悩みや、疑問が何なのかを考える」ということを説明してきました。

が、悩み・疑問やその答え、ヒントって人によって違いますよね。


例えば、「アジ」という魚をキーワードにした時。

主婦は、焼き方とか美味しい食べ方、調理法を知りたいという人が多いと思います。

逆に男性は釣り方とかさばき方を知りたい可能性が高いですよね。


もう1つ例を見ていきます。

「母の日 プレゼント」というキーワードだったら。

  • 子供がお母さんにプレゼントする
  • 40代の人が高齢の母親にプレゼントをする
それぞれで、オススメできるプレゼントってまったく違いますよね。

つまり、相手の属性(男女、年齢、生活スタイルなど)で、悩み・疑問も、その答え・ヒントも変わってくるんです。

ということは、誰を相手に記事を書くかということを考えなければなりません。


説明の順番の関係で、前後してしまいましたが、キーワードが決まった後は、
相手は誰か(どういう人か)
を決めて、
その相手の悩み、疑問は何なのか
ということを考えていけば、記事に書くことが決まってくるはずなんです。


今回のまとめ


今回は、キーワードが決まっても記事が書けないって状況におちいった時に、考えるべきことにについてお伝えしました。

記事を書こうとして手が止まってしまったら、

「誰に対して書くか」を決めて、
「その相手がキーワードに対してどんな悩み、疑問を持って検索するのか」
ということを意識すると、書くべきことが見つかるはず。

ということを説明してきました。


ちなみに、「誰」というのは具体的な人物まで絞らなくても大丈夫ですよ。

男女どっちか、年齢がどれくらいで、職業や家族構成は・・・、という感じで人物像を絞っていけば大丈夫です。

人物像が決まったら、その人に向けてキーワードに対する悩み、疑問を書いていけばOKですよ。

また、人物像を絞っても、同じような属性を持つ人は世の中に何千人、何万人といますから、相手を決めることのデメリットはないと考えて大丈夫です。

むしろ、相手の属性を絞らずに万人に通用する悩み、疑問を考えるのは難しいですし、かえって記事もまとまりのないものになってしまいます。


ぜひ、参考にして下さい。

また、質問があれば遠慮なくお問い合わせくださいね。

クリックして問合せページを開く

ブログランキングに参加しています。

読んだよ!って応援クリックしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメントを残す