PRIDEがアフィリ初心者や稼げていない人に向いている7つの理由


 
 

PRIDEって本当に初心者向きのノウハウなのかな?

アフィリエイトを始める/始めたばかりの初心者が、PRIDEという教材(商材)の存在を知ったら、必ず思うことではないでしょうか?

また、初心者でなくても、まだ稼げていない状況の人にとっては、成果を出しやすいと言われるアドセンス/トレンドアフィリエイトの教材(商材)が気になるって人もいますよね。

そこでこの記事では、PRIDEというアフィリエイト教材が、初心者に向いている理由を、PRIDE実践者の私の目線で解説していきます。

さらには、実践者でこそわかる考慮点、注意事項も解説していきますよ。

なぜ?PRIDEがアフィリエイトの初心者やまだ稼げていない人に向いている7つの理由

PRIDEがアフィリエイト初心者や稼げていない人に向いている7つの理由を解説

では早速、PRIDEというトレンドアフィリエイト/アドセンスの教材が、
  • アフィリエイト初心者
  • まだ稼げていない人
に向いているという理由を7つ、説明して言いましょう!


①なんでも記事のネタにできる

PRIDEのノウハウであるアドセンスは、なんでき記事ネタにできる

最初は「なんでも記事のネタにできる」という点です。

PRIDEのメインのキャッシュポイント(収入源)は、Googleアドセンスという、クリックされれば報酬が入るタイプの広告です。

アドセンスの場合、ブログへのアクセスが集まれば、それに比例して報酬が伸びていくのが特徴。

つまり、「アクセスが集まりやすいキーワード」で「読者に読まれる記事」を書けば、アドセンスで報酬が入るようになるんです。

記事の中で、何かの商品・サービスをすすめる、購入を促すという行為は全く必要がありません。


ということは、PRIDEのノウハウに沿ったブログは、アドセンスの規約やモラル(他人の誹謗中傷など)に反していなければ、なんでも記事にできるということを意味します。


対して、サイトアフィリエイトなどは、商品が売れたらサービスへの申込みがあったら報酬が入る広告を使用します。

報酬が発生するのも、読者がブログ上の広告をクリックした後に、「購入」「申し込み」という行為まで完了した場合のみ。
でないと、報酬ゼロです。

必然的に、購買意欲のあるネタ(キーワード)や、購入する意思を持たずにブログを読んでいる読者を、購入・申込みに誘導する文章術が必要とされます。

アフィリエイト初心者や、まだ稼げていない人にとって、
読者を購入・申込みに導く
って結構、壁の高い話
ですよ。


その点、アドセンスの場合は、売るという行為・意識は不要です。
だから、なんでも記事のネタにできます。

そして、専門的な知識がなくても大丈夫です!
  • 自分の失敗談とその教訓
  • 日常で疑問に感じ、調べたこと・わかったこと
  • 自分の趣味・知っていることに対しての初心者向け情報
といったネタで十分なんです。

なんでも記事にできるって考えると、気が楽というか、心理的な負担が軽いですよね。

この負担の軽さが、アドセンスが初心者や稼げていない人に向いている点の1つだと言えます。


②案件選びの必要がない

アドセンスブログなら、案件選びの作業はいりません

1つ前の「なんでも記事のネタにできる」という点に関連しますが、案件選びの必要がないというのも、PRIDEが初心者/稼げていない人に向いている点と言えます。

※ここで言う「案件」とは、アフィリエイトする商品・サービスだと理解してください。

アドセンス広告は、読者や記事の内容などに合わせて広告を自動で表示してくれますから、
  • 案件選びについて学ぶ
  • 実際に案件を選ぶ
  • 選んだ案件について調べる
という作業が不要です。

最初にWordpressのブログを作ったら、そのあとはキーワード選定と記事作成の繰り返し。

案件選びの作業がいらないから、結果としてPRIDEで学ぶべきこと・実践すべきことが絞られるんです。

限られた時間の中で作業をする人にとってはありがたい話ですよね。

これから成果を出したいという人にとっては、学ぶべきこと・実践すべきことが絞られているのは、混乱もしないし、作業時間の面でもメリットがあると言えます。


③SEOの基礎が身につく

PRIDEのノウハウを実践していけば、SEO対策の基本が身につきます

ブログを使ったアフィリエイトでもっとも大事なことは、「ブログにアクセスを集める」こと、つまりブログへの集客です。

ノウハウや目指す収入額によって、必要なアクセス数に違いは出ますが、アドセンスだけでなく集客が大事なのはアフィリエイト全般の話。

で、ブログへの集客に必要なスキルの1つが、「SEO対策」というもの。

SEO対策って、ブラックハットと呼ばれる自作自演のリンクを貼るといった、Googleからペナルティを受けるリスクを負った手法を想像するかも知れません。
難しそうって思っていたり、何のことだかわからないって人もいるでしょうね。

でも、SEO対策って
  • 1語ではなく、2語目・3語目を加えたキーワードで上位表示を狙う
  • タイトルにキーワードをできるだけ左側に入れる
  • 見出しにもタイトルを含める
といった、検索結果の上位表示を狙うための基本もSEOの一つです。

PRIDEでは、実践の中でSEO対策の基本を意識した作業を実践しますが、「SEO対策として○○しましょう」といった説明ではありません。

PRIDEのマニュアルに沿って作業を進めていけば、自然とSEO対策の基本を踏まえたブログが作れます。

私の場合、PRIDEを実践していると、「この作業もSEO対策の1つなのね」って、後からわかることが多かったです。自然にSEO対策の基礎を学び、実践できていたんです。

SEO対策なんて言葉を聞くと難しく感じるかもしれませんが、ノウハウを実践していくことでSEO対策の基礎が自然と身についていく。PRIDEの良い点の1つだと言えます。


④キーワード選定スキルが身につく

アフィリエイトの肝、キーワード選定のスキルがアップ

“検索ボリュームがあり”、“ライバルが弱い”キーワードを探すという「キーワード選定」って、アフィリエイトで稼いでいくなら必須のノウハウです。

そして、PRIDEのノウハウの肝も、キーワード選定です。

PRIDEでは、検索ボリューム(検索需要とも言いますね)がありつつも、ライバルが弱いキーワードを探すということを実践していきます。

だから、PRIDEのノウハウをコツコツと実践していけば、キーワード選定のスキルアップできるんですね。


繰り返しになりますが。キーワード選定は、PRIDEのノウハウの肝というだけでなく、そもそもアフィリエイトでの必須ノウハウです。

どんなに良い商品を紹介したり、すばらしい文章を書いても、キーワード選定ができていないと、記事にアクセスは集まりません。もちろん、収入は生まれません。

だから、初心者や稼げていない人は、商品選定とかライティングスキルの前に、アクセスの集まるキーワードを探す・選ぶノウハウを学び、実践することをオススメします。

そういう点で、PRIDEはキーワード選定スキルを学び、身につけるのに適した教材です。


⑤ブログで稼ぐために必須の「Wordpress」が学べる

PRIDEのマニュアルは初めてのWordpressでも大丈夫

PRIDEのノウハウでは、Wordpressでブログを作ります。

世間にはアメブロ、FC2、Seesaa、Livedoorなどたくさんの無料ブログが存在していますし、アフィリエイトが実践できる無料ブログも存在します。

が、中長期的に稼ぐためには、Wordpressでブログを運営すべきです。

なぜなら
  • WordPressのブログは検索エンジンからの評価を受けやすいと言われている(Googleの検索エンジン開発責任者も推奨している)
  • 無料ブログの記事で上位表示されても、Wordpressを使ったライバルたちが狙いうちしてくる(そして、無料ブログが負けてしまう可能性が高い)
と、無料ブログよりWordpressのほうが優位な点が多いんです。

サーバー代、ドメイン代を払ってでもWordpressを使うべきと言えるんですね。

そして、PRIDEのマニュアルでは、初めてWordpressを使う人でもわかるような丁寧な手順が解説されています

これからWordpressを使う人向けに作られています。


私自身、Wordpressというものの存在さえ知らない状態でPRIDEを手にし、実践してきました。

初めてのWordpressのブログは、PRIDEのマニュアルに沿って導入・設定し、今でも安定した稼ぎを生み出してくれます。

そして、今ではWordpressを導入したり、設定をいろいろやってみたりするのが好きだったりします。

これもPRIDEのマニュアルのおかげ。

長くアフィリエイトで稼ぐためには必須とも言えるWordpressについてのノウハウは、PRIDEのマニュアルと購入特典のメールサポートを利用することで、身につけることが可能です。

難しそうとか心配する必要はないですよ。


⑥教材が適宜更新される

PRIDEの教材は更新が入ります。内容は新鮮です。

6つ目は、教材(マニュアル)が適宜更新されている点です。

PRIDEは、年に数回くらいのペースでマニュアルの更新(修正)が入ります

例えば以前は、アドセンス審査用には無料ブログを使うとマニュアルで説明されていました。

ですが、今は無料ブログではアドセンス審査は通りません。

で、PRIDEの場合、アドセンス審査の手続きをWordpressのブログで行うよう、修正が入りました。

他にも、インターネット上のツールの画面イメージが変わったら、それに合わせて説明に修正をしてくれます。

ある程度経験のある人だと、書いてある通りにやってもうまくいかない時や、情報が古いそうだという場合、自分で調べて解決できてしまうかもしれません。

ですが、初心者/経験の浅い人だと、マニュアル通りでなかった場面に遭遇すると、自分が間違っているのかと慌ててしまいますよね。

初心者や、まだ稼げていない人にとっては、PRIDEのようにマニュアルの更新・修正が入り、情報が新しくなっていることって大事ですよ。


ちょっと補足すると、インターネットでPRIDEについて調べると、一部では「PRIDEは情報が古い」なんて言っている人がいます。

確かに発売されてからかなりの年月が経っていますから、古いって言えば古いです(笑)。

でもマニュアルの内容は更新されていて、教材の中身の鮮度は保たれていますので、その点は安心して大丈夫ですよ。


⑦次のステップに進みやすい

PRIDEのノウハウの経験は、別のアフィリエイト手法にも活きますよ

PRIDEを実践していくと、
  • ブログの記事(文章)を書くスキル
  • アクセスを集めるキーワードの選定
  • WordPressの使い方・運営方法
といったノウハウが身につきます。

こうしたノウハウって、PRIDE以外のアフィリエイト手法でも必要なスキルです。

例えば、サイトアフィリをやるなら、キーワード選定と記事作成のスキルは必須です。

Youtubeアフィリエイトもキーワード選定は必須。

メルマガアフィリエイトも文章作成スキルがなければできません。

PPCなど、広告を使って集客するノウハウもキーワード選定がすっごく大事。


PRIDEで学び、実践して身につけたことが、違う手法のアフィリエイトでも活かせるんです。


私もブログやメルマガでアフィリエイトの情報発信をやっている以上、勉強としてサイトアフィリエイトを実践したことがあります。

Wordpressの導入・設定、キーワード選定、記事の書き方などは、PRIDEを通して学んだことをそのまま活かすことができましたよ。

で、昨日(この記事を書いている日の前日)も、そのサイトアフィリエイトのサイトで1件で約3,000円の案件の成約が出ました。

サイトアフィリエイトの報酬実績画像です

正直、勉強目的に作ったサイトアフィリエイトのブログなので、報酬は期待していませんでした。

が、PRIDEを最初の教材・ノウハウとして実践した私も、サイトアフィリでこのように成果を出せましたよ。

PRIDEのようなアドセンス広告を使ったノウハウが、別のノウハウにも十分活かせた例とだと思ってもらえればと。


また、アドセンスブログはなんでも記事にできるという性質上、記事作成を外注化もやりやすいという特徴があります。

外注と言っても、専門知識を持ったライターさん(外注で記事作成をお願いする相手のこと)ではなく、主婦の人を中心とした自宅で空き時間に仕事をしたいという人にお願いできますから、1記事あたりの費用も数百円でお願いできたりします。

外注化というのは、アフィリエイトで成果を伸ばしていくためには有効なぜ手段です。

だから、外注化しやすいというアドセンスブログの特徴は、侮れませんよ!


PRIDEを実践する前に知っておくべき考慮事項・注意点

アドセンスブログなら、案件選びの作業はいりません

ここまでPRIDEが初心者、まだ稼げていない人に向いてる理由をお伝えしました。

だけど、良いところばかりお伝えしていると、怪しいと感じるかもしれません(笑)。

もちろん、PRIDEも完璧な教材というわけではありません。
  • もう少し○○だったら・・・
  • この点を知っておかないと挫折する
て感じる点はあります。

まぁ、これはPRIDEに限った話ではありません。

完璧とか、絶対に稼げるって教材なんてありえないですからね。

良い点、良くない点の両方があるのは当然です。


大事なのは、その教材がどういうノウハウなのかと、良い点・良くない点それぞれで知ったうえで、購入すること。そして、その教材を信じて取り組むことです。

そこで、PRIDEを購入する/PRIDEのノウハウに取り組む、という前に知っておくべき考慮事項、注意点を3つお伝えしておきます。

即金性のあるノウハウではない

稼げるようになるまで少し時間がかかる
まず知っておくべきPRIDEの考慮点は、即金性(はじめてすぐに収入が入る)のあるノウハウではないという点です。

PRIDEのノウハウの場合、まじめにコツコツ取り組んでも、3~6か月くらいはほぼ成果が出ないことを認識して取り組む必要があります

でも、成果の出ない3~6ヶ月の間に挫折するって人が、すごく多いんです。

「PREIDEでは稼げない」って言っている人の大半は、この最初の3ヶ月くらいの間に挫折した人だと思われます(統計取っていないので断言できませんが)。

最初の間は成果が出ずに苦しい・不安になるかもしれないというのは認識しておいたほうが良いです。

ただし、


・・・
・・・・・

即金性の高いノウハウって、広告費出したりとか初期投資のお金が必要だったり、赤字になる可能性のあるものがほとんどだということは知っておいて下さい。

しかも、休む・やめてしまうと、収入ストップというノウハウが多いです。

PRIDEのように、
  • 資金的なリスクが低い
  • 稼げるようになると安定する(資産化できる)
ノウハウって、中長期的な目線で取り組む必要があるのが一般的です。

早く稼げるようになりたい、と思うのは当然ですが、低リスクで中長期的に稼ぎたいのなら、稼ぎの出ない助走期間は必要です。

PRIDEのノウハウでは最初の3~6ヶ月は稼げないというのをデメリットと捉えるかは、あなたの求めるもの、価値観、取り組み方で変わってくるものだと考えてください。


アドセンス審査を通らないと広告が使えない

アドセンスに審査がある

この記事の最初にも書きましたが、PRIDEのキャシュポイント(収入源)は、アドセンス広告がメインです。

で、アドセンス広告が使えるようになには審査が必要なんですね。

Wordpressのブログを作って10~30くらいの記事を投稿してから、Googleの審査に申し込む必要があります。

このアドセンス審査って、残念なことに落ちることもあるんですね。

過去には、何度もブログを直してアドセンス審査に出しても通らないって人が続出するって時期もありました。(幸い、今はそこまで厳しいことはないようです)。

PRIDEに限った話ではないのですが、アドセンス広告を使うには審査に通る必要がある、というのは認識しておいてください。

その点、PRIDEは別冊として「アドセンス申請マニュアル」がありますし、90日間の購入者サポートもありますので、あとはあなたの頑張りしだいだと思います。


最初のうちは報酬額があまり大きくない

アドセンスは報酬単価が低い。

もう1つ知っておいて欲しいのは、アドセンスは広告1クリックあたりの報酬額があまり大きくないということです。

1クリックで、平均して20~30円の報酬が発生(報酬単価って言います)すると言われています。

だから、稼げるようになったらいきなり報酬がドカンと入るっていうノウハウではありません。

でも、報酬単価が低いからダメというものでもありません

単価の高い案件をアフィリエイトするには、商品を探したり、その商品について調べるという行為に時間がかかります。

アドセンスの場合は、稼ぎを伸ばすためには記事の数を増やしていく必要があります。

結局のところ、
  • 商品選定に時間をかけるか
  • 記事の数を増やすことに力入れるか
どちらを取るのって話です。

どっちが良いとかは、言い切れないでしょう。

どっちのスタイルを目指すのかという違いです。
(両方取りはそうカンタンにはできないので)

だから、報酬単価が低いからダメって発想は持たないほうが良いですよ。


以上、PRIDEを実践する前に知っておくべき考慮事項・注意点を3つ挙げました。

まとめ

今回は、PRIDEというアフィリエイトの教材(商材)が、初心者やまだ稼げていない人に向いている理由と、知っておくべき考慮事項・注意点についてお伝えしました。
繰り返しになりますが、世に出ている教材がすべての人にとって完璧なものであるなんてあり得ません。

あなたの特徴や価値観に合った教材を手にして、コツコツと実践できれば、アフィリエイトで稼ぐことができるようになるはず。


今回お伝えした、PRIDEについて知っておくべき考慮事項・注意点が、あなたに許容的できないと感じたら、正直な話としてPRIDEをおススメすることはできません。

が、反対に考慮事項・注意点より、初心者やまだ稼げていない人に向いている7つの理由に魅力を感じることができれば、ぜひPRIDEを手に取り、実践してほしいと思います。

良いところばかり見て購入する、悪いところだけ見てダメだと考える。
そんな一方的な判断はしないようにしてください
ね。

そのために、今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

読んだよ!って応援クリックしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメントを残す