トレンドアフィリエイトは記事を書き続けないと収入が続かない?

どうも!

かいと です。


このブログでは
脱サラを目指す始めの一歩として、トレンドアフィリエイトを実践することをオススメしています



オススメしているのですが、、、


インターネットでトレンドアフィリエイトについて情報を調べてみると、ネガティブな情報もそれなりに存在します。


インターネットの情報って必ずしも100パーセント正しいというものではないですが、トレンドアフィリエイトに関する情報についてはどうなのよ?

ということで、今回はトレンドアフィリエイトについてのネガティブな情報は正しいのか否かについて見ていきたいと思います。


トレンドアフィリエイトに関するネガティブ情報


インターネットでトレンドアフィリエイトについて情報を調べると、
  • ブログ記事を書き続ける必要があり体力勝負の面がある
  • 一時的に稼げても継続しない場合が多い
というネガティブな情報を目にすることがあります。

果たして、これらネガティブな情報は正しいのでしょうか?


答えは「やり方による」と言えます。

もうすこしちゃんと言うと、『やり方よる』というのは、どのようなキーワードでブログ記事を書いていくかということを意味します。


「どういうこと???」

っていう質問が出ると思いますので、詳しく説明していきますね。


どういうキーワードで記事を書くかによる


トレンドアフィリエイトにも、やり方がいくつかに分類できます。
一番代表的のが、
  • ショートレンジキーワード
  • ミドルレンジキーワード
  • ロングレンジキーワード
という、『キーワードの種類』による分けかたです。

どのキーワードを題材にして、ブログ記事を書くかと言う考え方ですね。

【補足】キーワードとは
ブログを使ったアフィリエイトにおける記事のテーマ・主題をキーワードと言います。

例えば黒酢健康法についてブログ記事を書く場合、
「黒酢健康法」の記事だということがわかるように、ブログタイトルにも記事本文にも「黒酢健康法」という言葉を入れて、何について書かれているブログ記事化をわかるようします。

この例の場合の黒酢健康法というのがキーワードに当たります。

ショートレンジ/ミドルレンジ/ロングレンジキーワードの違いについて、例を挙げて説明すると、

ショートレンジキーワードというのは、一時的な流行を追いかけたキーワードです。
 ○○の離婚
 △△の熱愛
とか、一昔前なら
 ラッスンゴレライ
なんでいうのもショートレンジキーワードです。

芸能ニュースやゴシップネタ、Yahoo!ニュースのトップページに出てくる話題なんかが代表的です。



対してミドルレンジキーワードは
お年玉、入学式、花火大会、紅葉、初雪
といった季節ネタのキーワード

そして、ロングレンジキーワードは
ダイエット、育児、ビジネスマナー
など、季節を問わず長い間、世間の人が興味を持つキーワードを言います。


で、
ショートレンジキーワードでブログ記事を書いていくか
ミドルレンジキーワードやロングレンジキーワードでブログ記事を書いていくか


この2つの違いによって、トレンドアフィリエイトは
  • ブログ記事を書き続ける必要があり体力勝負の面がある
  • 一時的に稼げても継続しない場合が多い
というのが正しい情報か否かが違っきます


では、なぜ違ってくるか?を説明していきます。


ショートレンジキーワードは短命


繰り返しになりますが、ショートレンジキーワードは、芸能ニュースやゴシップネタ、Yahoo!ニュースのトップページに出てくる話題をブログ記事のネタにします。


こういったショートレンジキーワード対して、ブログ読者の検索需要(アクセスが集まる数・期間)が短命であることがほとんどなのがイメージできますか?


先ほど例に挙げた「ラッスンゴレライ」がその典型ですよね。

ラッスンゴレライが流行った当時に、
  • ラッスンゴレライってどんな意味・どんな時に使う
  • ラッスンゴレライで話題のお笑いコンビって誰
といった情報をブログ記事にしたら、ブログ記事にアクセスが集まる可能性が十分にありますよね。


ところが今現在はどうでしょう?

アクセスが来てもかなり少ないことが想像できます。


そうすると、継続して収入を得ていくには、その時の流行りを追いかけて新しい記事を書き続けなければならないわけです。

また、良いネタに巡り合えない時期があると、収入が続かないですよね。


つまりトレンドアフィリエイトについての
  • ブログ記事を書き続ける必要があり体力勝負の面がある
  • 一時的に稼げても継続しない場合が多い
という情報は、ショートレンジキーワードでトレンドアフィリエイトを実践する場合を前提にした情報なんです。


実はトレンドアフィリエイトという言葉は、この『芸能系』『ゴシップ系』を中心としたショートレンジキーワードの記事をブログに書いてアクセスを集めるという手法が広まり、有名になりました。

なので、トレンドアフィリエイト = ショートレンジキーワードでブログ記事を書くという印象があり、記事を書き続ける必要ありとか、稼ぎが継続しない、といった情報が今でも残っているという背景があります。


ミドルレンジ/ロングレンジキーワードだとどうなる?

対して、ミドルレンジキーワードやロングレンジキーワードでブログ記事を書き、インターネット上の読者のアクセスを集めるという場合はどうなるでしょうか?


ダイエット、育児といったロングレンジキーワードのテーマは半永久的に誰かが興味・悩みを持っていますよね。

つまりロングレンジキーワードは流行り廃りがないとうことですから、ロングレンジキーワードでブログ記事を書いていけば、中長期的にブログへのアクセスが見込めると言えます。


また、お年玉、入学式、花火大会、といったミドルレンジキーワードは、言いかえれば季節ネタですので、毎年その季節になれば何年先も、ブログ記事へのアクセスが見込めます

これを春夏秋冬、それぞれの季節のミドルレンジキーワードのブログ記事を書きためていけば、、、一年中アクセスが集まるブログが作れます。


このようにロングレンジキーワードとミドルレンジキーワードのブログ記事を書きためて、通年かつ長期的にアクセスを集められるブログを、資産型ブログと言います。

そして、資産型ブログを作るトレンドアフィリエイトを、資産型トレンドアフィリエイトと呼んでいます。(いろいろな呼び方があるようですが)


資産型ブログを構築できれば、流行りを追って記事を書き続ける必要もないですし、アクセスが安定する=収入も安定させることができます


ロングレンジキーワードとミドルレンジキーワードでブログを作るトレンドアフィリエイトは
  • ブログ記事を書き続ける必要があり体力勝負の面がある
  • 一時的に稼げても継続しない場合が多い
という情報は当てはまらないという結論になります。

どんなキーワードで記事を書いていくかで、結論が変わってくるんです。


まとめ

今回は、トレンドアフィリエイトついての
  • ブログ記事を書き続ける必要があり体力勝負の面がある
  • 一時的に稼げても継続しない場合が多い
というネガティブな情報が正しいかについて説明してきました。


そのネガティブな情報が正しいかは、どのようなキーワードを使ってブログ記事を書いていくかによって違っていて、
  • ショートレンジキーワードを使ってブログ記事を書いて行く場合は当てはまる(正しい)
  • ロングレンジキーワードやミドルレンジキーワードでブログ記事を書いていく場合は、あまりあてはまらない(正しいと言えない)
と言えます。


”トレンド”という言葉を日本語訳すると「流行」を意味になるので、ショートレンジキーワードを使うのがトレンドアフィリエイトだと誤解されやすいですね。

ですが、違うやり方もあるとうことを理解して、トレンドアフィリエイトについての情報に接していってください、



また、「トレンドアフィリエイトをやってみよう!」という場合は、ぜひロングレンジキーワードやミドルレンジキーワードを使った資産型トレンドアフィリエイトを実践し、資産型ブログを作ることを目指してください。

せっかく作るブログですから、息の長いものにしたいでよね。

脱サラを目指す場合なら、安定した収入源を作りたいわけですから、なおさら資産型トレンドアフィリエイトを作り上げるべきです。


ちなみに私はこの資産型ブログを作るトレンドアフィリエイトをPRIDEという教材で学び、実践しています。



まさに資産型トレンドアフィリエイトの草分け的存在とも言える教材です。

何か教材を購入してトレンドアフィリエイトをやってみようという場合は自信を持ってオススメできる教材ですよ。

PRIDEについて詳しく知りたい場合は、遠慮なく↓にお問合せ下さい。
かいとへのお問合せ・質問はこちらから

ブログランキングに参加しています。

読んだよ!って応援クリックしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメントを残す