副業するならどっち?給料・時給の仕事とアフィリエイト

世の中に存在する職業は色々ありますが、サラリーマン、OL、パート、アルバイトは勤務先から給料をもらいますよね。給料制・時給制の仕事と表現できます。

それに対して、アフィリエイトというビジネスには給料はありません。

今回は、給料制・時給制の仕事の収入と、アフィリエイトによる収入の特徴を比較して、どちらが副業に向いているかを考えていきます


アフィリエイトによる収入の特徴

アフィリエイトの特徴は以前も説明しましたが、クリックや成約という成果に対して報酬=収入が発生します。「成果報酬型」のビジネスと言われたりします。

成果が出た分だけ報酬が発生しますので、アフィリエイトによる収入は上限がありません

その反面、収入ゼロという可能性もある、結果がすべてのビジネスと言えますね。

さらに、どれだけ収入が得られるかは、働いた時間の長さ、働いた時間帯とは関係がありません。時間の制約がないというのも、アフィリエイトの大きな特徴です。

pc%e3%82%92%e6%93%8d%e4%bd%9c%e3%81%99%e3%82%8b%e6%89%8b

給料制・時給制の仕事による収入の特徴

続いて、給料制や時給制の仕事の特徴を見ていきましょう。

時給制の場合は、働いた時間の長さに対して、給料制の場合でも決められた勤務時間の間に働くことを前提として給料が支払われます。

働いた時間に対して収入が発生するというのが、給料制・時給制の仕事の特徴です。
(会社員やOLの場合は、厳密には違うという意見もありますが、ここではそれに近いものと解釈して下さい)

働けば、一定の収入が約束されていますが、上限がありますし、時間の制約が存在します

work

  • 働いた時間に対して報酬=収入が発生するか
  • 働けば収入が約束されているか
  • 時間の制約があるか
  • 収入に上限があるか
という点で、アフィリエイトと給料制・時給制の仕事では全く特徴が違うということがわかります。


副業するならどちらが良いか?

では、副業をするならアフィリエイトか、給料制・時給制の仕事か、どちらが向いていると思いますか?

あくまで「副業として」という前提で考えてみてください。

※ここからは私見も入ります。

副業をするということは、本業があるということです。つまり、本業の仕事をする時間以外で、副業の仕事をするということですね。言いかえると、限られた時間の中で副業をするということになります。

この「限られた時間」の中で、給料制・時給制の仕事で副業をした場合、必然的に収入も限られたものになりますよね。

さらには、疲れたと言って休める仕事ではないでしょうから、疲労が蓄積し、本業に支障をきたしたり、体調を崩したりしかねません。

限られた時間でやる副業ですから、時間の制約がなく収入の上限がないアフィリエイトのほうが副業に向いていると思いませんか?

アフィリエイトの場合、副業が本業の収入を越えてしまうこともめずらしくないんです。そしたら、副業だったアフィリエイトを本業にすることもできますよね。

時間の制約がないアフィリエイトを本業にできたら、時間的な自由も手にすることもできます。そういう人がアフィリエイト業界にはたくさんいるんです。


まとめ

将来本業にするかはさておき(そこまで到達したら考えましょう[笑])、収入の特徴を考えた場合に、副業をするなら、給料制・時給制の仕事よりアフィリエイトのほうが向いているということがおわかりいただけましたか?

これは、「時間が限られる中での副業」という意味では、自営業などの個人事業主や歩合制の仕事をする人、主婦(主夫)の場合も、アフィリエイトのほうが向いているというのは同じ結論になります。

ただ、アフィリエイトは収入がゼロのこともあるという点は気になりますよね

確かに、始めたばかりの時期は報酬=収入は発生しない可能性がありますし、間違ったやり方では収入ゼロが続いてしまうかもしれません。

だからこそ、正しい方法で継続してアフィリエイトに取組む必要があるんです。それはこの、このブログのメインテーマです。

これから、「正しい方法」で「継続して」アフィリエイトを実践していく方法を、どんどんとあなたにお伝えしてきます。

ブログランキングに参加しています。

読んだよ!って応援クリックしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメントを残す