プラグインAddQuicktagでWordPressの記事編集作業を効率化!

こんにちは、かいと です。


ブログの記事ができた!って喜んでも、実際にブログで投稿するには、文字装飾画像挿入という作業が残っていますよね。

文字装飾はブログに訪問してくれた読者に対して、

  • 記事を読みやすくする
  • 大事な部分を見逃さないようにする
ための大切な作業です。

が、記事の文字装飾って結構時間がかかるんですよね。

記事を書く作業が最も時間がかかりますが、その次に時間がかかるのが文字装飾や画像の挿入ではないでしょうか?


そんなブログ記事投稿前の文字装飾作業を効率化してくれるのが、Wordpressのプラグイン「AddQuicktag」です。


今回は、AddQuicktagの導入・設定方法、使い方をご紹介します。

AddQuicktagとは


文字装飾とは、ブログの記事を読みやすくしたり、大事な部分を強調するために、
  • 文字を太くしたり
  • 赤い字にしたり
  • 網掛け文字にしたり
  • 大きな字体にしたりする
ことです。


Wordpressで文字装飾するには、タグというものを使います

例えば、↑の例の”赤い文字にしたり”というところは、


という記述をしているので、ブログで赤い文字で表示されるんです。


が、こんなタグの記述を1つ1つ覚えるなんて普通はできませんし、必要なたびに調べていたら話になりません。

よく使うタグを登録して、すぐに使えるよう効率化できるのが、AddQuicktagというプラグインです。


もう少し具体的に説明しますね。

Wordpressの記事投稿画面は↓の赤で囲った部分のように、タグを挿入できるボタンが幾つか用意されています。


例えば一番左の”b”ってボタンで、太字に文字装飾する「strongタグ」を挿入できます。

ただ、この中には文字を赤くしたり、黄色で網掛けしたりするボタンはありません。


ですが、AddQuicktagというプラグインを導入・設定すると、タグを挿入できるボタンを↓のように


あなたがよく使いそうなものを加えることがでます。


AddQuicktagの導入方法

では、あなたのWordpressにAddQuicktagを導入する手順を説明します。

まずは、ワードプレスにログインし、ダッシュボードの画面を表示させ、メニューから「プラグイン」→「新規導入」を選択します。



「プラグインを追加」画面でAddQuicktagを検索して、”今すぐインストール”ボタンをクリックすればプラグインの導入が始まります。



インストールが完了したら、有効化というボタンをクリックして、AddQuicktagの導入が完了です。


プラグインの導入手順は、こちらのページに図解入りで説明していますので、実際にAddQuicktagを導入する時に利用してください。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン導入手順を図解入りで解説


AddQuicktagの設定方法

プラグインの導入ができたら、次はAddQuicktagの設定です。

画面左の黒地の部分にあるメニューから「設定」→「AddQuicktag」の順に選択、クリックします。



これが AddQuicktag の設定画面です。



設定画面で登録したいタグを入力し、「変更を保存」ボタンをクリックすれば、記事投稿画面にボタンが追加されるようになります。

文字を赤くするタグを設定する場合が↓の例です。

  1. ボタン名   : 赤  ←わかりやすいもので任意
  2. 開始ダグ   : <span style=”color: #ff0000;”>
  3. 終了タグ   : </span>
  4. チェック欄  : チェックマーク(✓マーク)を付ける
※ ” < ” と ” > ” は、全角で記載していますが、実際には半角です。



1つ登録すると↓のように、新たな追加欄が出てきますので、必要なものを追加していきます。



参考に、あったら便利と思われるタグを表にしておきますので、必要と思うものを1つずつ追加してください。(ボタン名は参考ですので、好きな名前にしてください)

ボタン名

開始タグ

終了タグ

内容

赤文字

<span style=”color: #ff0000;”>

</span>

文字を赤色に

青文字

<span style=”color: #0000ff;”>

</span>

文字を青色に

h2

<h2>

</h2>

見出し(大)

h3

<h3>

</h3>

見出し(中)

h4

<h4>

</h4>

見出し(小)

下線

<u>

</u>

文字にアンダーラインを引く

中央

<p style=”text-align: center;”>

</p>

センタリング(中央寄せ)

囲み

<div style=”padding: 16px; border: solid 1px #000000; border-radius: 10px; margin-top: 30px; margin-bottom: 30px;”>

</div>

文章を枠で囲んで目立たせる

黄網

<span style=”background-color: #ffff00;”>

</span>

文字を黄色く網化する


これで設定が完了です。


AddQuicktagの使い方

最後に、設定が完了した後の、AddQuicktag使い方について説明します。

今回は下の例で「AddQuicktagの導入・設定方法」の部分に赤字の文字装飾してみましょう。



  1. 記事投稿画面で記事を書いたら、タグを挿入したい場所を選択し、
  2. 赤字にしたい部分を選択して、「赤」ボタンをクリックします


無事にタグが挿入されました (*^^*)



プレビューで見ても、ちゃんと赤字になっていますね。



まとめ

今回は、WordpressのプラグインAddQuicktagの導入・設定方法と、使い方について解説しました。

一度登録すれば、そのブログではずっと使えますから、よく使うタグを設定しておけば、記事作成の文字装飾作業がかなり効率化できますよね。

Wordpressを使う上で必須のプラグインと言っても良いのではないでしょうか。


そして、AddQuicktagは、複数のタグの組み合わせや、タグ以外の言葉、文章を登録することも可能です。

例えば、
  • 太字と下線、2つのタグを設定する
  • 特定のフレーズや文章を挿入できるようする
といったこともできます。

よく使うフレーズや文章、アドセンス広告のコードなど、いちいちこかかからコピーしてこなくても、1クリックで挿入できるように設定できるんです。

使い込めばかなり作業の効率化ができるプラグインなんですよ。

ぜひ参考にして下さい。

ブログランキングに参加しています。

読んだよ!って応援クリックしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメントを残す